「バリー・シール アメリカをはめた男」を見てきた! ※ネタバレ注意!

ネット回線はこちら!

バリー・シール アメリカをはめた男」を見てきました!

パイロット→CIA→麻薬の運び屋とまぁ段々とアウトローに堕ちてゆくバリー。
やばい事に手を染めながらやがて寂れていた街が潤うほどの富を築きあげます。
しかしながらヤバイ事には危険が付き物。
エスカレートした果てにまっていた結末とは!?
ってかんじですかね。
ここからネタバレでござる。
まぁ前評判では「ウルフ・オブ・ウォールストリート」と肩を並べる主人公になるとかかかれてましたけど、
あれに比べるとあまりトキメキませんでしたね。
金はありましたが、やっぱクスリと女が出ないと面白くないです。
まぁ何をやってもハマるトム・クルーズには脱帽でしたね。
ただアクション全くなしって意味ではちょっと残念でしたが。
奥さん役のサラ・ライトがエロかわでしたね。
飛行機の操縦席でのシーンはムズムズしましたw

実話という点では凄いです。
まじか!?って感じ、おそらくかなり事実に近い脚本だったのでしょう。
※個人の感想ですので、ものすごく良かったと思う人もいるので見に行こうと思ってた人は言ってくださいw
トムも喜びます。
なんつって。
それでは今日はこのへんで。
ごきげんよう。
さようならー( ・∇・)
スポンサーリンク
楽天カード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク